葛根湯 (かっこんとう) 錠  JPS

有名な、 ”カゼに葛根湯” の、【葛根湯】 です!
カゼの初期〜中期、に用いられます。 主に汗をかかせることによって、
カゼを治します。 カゼの初期に、うまく当たれば、よく治ります。

鼻かぜ、鼻炎、にもよいです。

それから、頭痛、とか、肩こり、手や肩の痛みにも良いのです!


1瓶 120錠

<用法・用量>  
次の量を食前または食間に、水またはお湯にて服用して下さい。
                 1回量      1日服用回数
 成人(15才以上)      4錠          3回
 7才以上15才未満     3錠        3回
 5才以上7才未満      2錠        3回
 5才未満            服用しないこと
 

・用法・用量に関する注意:
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。
(2)食間とは食後2〜3時間を指します。



【使用上の注意】

〈相談すること〉
1.次の人は服用前に医師、薬剤師、または登録販売者に相談してください。
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
 (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
 (4)胃腸の弱い人
 (5)発汗傾向の著しい人
 (6)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
 (7)高齢者
 (8)次の症状のある人 : むくみ、排尿困難
 (9)次の診断を受けた人 : 高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、添付文書を持って医師、薬剤師、または登録販売者に相談して下さい。
  皮膚  : 発疹・発赤、かゆみ
  消化器 : 吐き気、食欲不振、胃部不快感

まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。

 「偽アルドステロン症、ミオパチー」
 症状:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛
     があらわれ、徐々に強くなる。

「肝機能障害」
症状:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。

3.1カ月位(感冒の初期、鼻かぜ、頭痛に服用する場合には5〜6回)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、添付文書を持って医師、薬剤師、または登録販売者に相談して下さい。

4.長期連用する場合には、医師、薬剤師または登録販売者に相談して下さい


本剤についてのお問い合わせは、下記にお願いいたします:
 ジェーピーエス製薬 お客様相談室
 電話 045-593-2136
 受付時間 9:00〜17:00 (土、日、祝日を除く)

副作用被害救済制度の問合せ先:
 (独)医薬品医療機器総合機構
http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai.html
電話 0120-149-931

*服用の際には、添付文書をよくお読みください


販売価格
2,170円(内税)
購入数